読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

神戸・新駅事故、2日前に隣の足場を撤去

 来春開業予定のJR東海道線の新駅「摩耶駅」(神戸市灘区)で11日、工事用足場が倒れ、同線などが約9時間運休、38万人に影響した事故で、倒壊した足場の隣の足場が事故2日前に撤去されていたことがわかった。足場は8日から順に解体されており、JR西日本はその際の作業が、足場の強度に影響した可能性がないか調べている。


 JR西によると、足場は外壁工事用で、作業が終わったため、倒れた足場(長さ約31メートル、高さ約7メートル、幅約60センチ、重さ約2トン)の隣の足場を、9日夜に撤去していた。倒壊した足場も事故当日の11日夜に取り外す予定だった。事故当日は強風が吹いており、請負会社の作業員が、朝に点検した際には、異常はなかったという。

 JR西は「解体工事が影響を与えたことも考えられる。強風との関係も含め、原因を調査したい」としている。

神戸・新駅事故、2日前に隣の足場を撤去 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)