読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

大林組、屋外鉄骨用の耐火被覆工法「WFガード」が大臣認定取得-スカイツリーで実績

 大林組は21日、屋外鉄骨用に耐火被覆工法「WFガード」を開発し、耐火構造国土交通大臣認定を取得したと発表した。屋外鉄骨用の耐火性被覆工法として国内初の開発で、東京スカイツリー(写真、東京都墨田区)に使用された。鉄骨部材の防錆・防食性能に優れ、最長100年まで対応できる。
 新工法は、橋などの土木工事で使用する「重防食塗装」と、建築工事で鉄骨部材の耐火被覆に用いる加熱発泡性の「耐火塗料」を組み合わせた。上塗り塗料の塗り替えサイクルは最長25―30年。塗膜厚さは2ミリメートル程度で外観は通常の塗装と同じ。
 耐火被覆に使うアルミパネルなどが不要なため最大約30%コスト削減できる。新工法は東京スカイツリーでの適用に向け個別認定を取得した。今回は一般建築に展開するため、耐火構造国土交通大臣認定(1時間耐火)を取得した。

 

大林組、屋外鉄骨用の耐火被覆工法「WFガード」が大臣認定取得−スカイツリーで実績:日刊工業新聞