読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

上海のビル建設現場でプラットフォームのワイヤーが切れる。作業員4名死傷。

すさまじい勢いで進む中国各地の大型ビル建設。しかし悪名高き“おから工事”が災いし、芳しくないニュースもたびたび報じられている。このたびはビル建設用のプラットフォームから作業員が落下して死傷という事故の話題が上海から飛び込んで来た。
上海市の奉賢区で18日、ビル建設現場の外壁に吊るされたプラットフォームから作業員が落下する事故が起きたもよう。ビルは「Shanghai Guanwei」社が建てていたもので、事故は作業員がプラットフォームに外壁材を乗せようとした時に発生。2名が命を落とし、2名が軽傷を負って病院に搬送された。プラットフォームを吊っているワイヤーロープが切れており、その原因についてさらなる調査が進められている。
上海市では建設現場における重大インシデントが続いている。数日前には同市崇明県にある造船所でクレーンが吊り上げていた大型鉄鋼部品が落下し、直撃を受けた作業員が圧死していた。まさに建設ラッシュの最中にある中国。この国ではずさんな「おから工事」のニュースが後を絶たない。先日は、海南省三亜市で12階建てリゾートホテル「Phoenix Haosheng Seaview Resort」がボロボロと崩れ始め、築たった4年にして撤去工事が始まったことをお伝えしていた。

上海のビル建設現場でプラットフォームのワイヤーが切れる。作業員4名死傷。 - BIGLOBEニュース