建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

金沢労基署:クレーン転倒防止を 事故多発で緊急要請 /石川

金沢労働基準監督署は、管内で移動式クレーンの転倒事故が多発しているとして、日本クレーン協会北陸支部(金沢市)など関連5団体に事故防止を徹底する緊急要請をした。北陸新幹線開業に伴う建設ラッシュで、人手不足の業者が無理に工事を進めていることが…

トルコ・イズミット橋事故、足場完成に5カ月の遅れ

トルコで建設中のイズミット湾横断橋で今年3月、空中足場(キャットウオーク)が落下した事故によって、足場の完成が約5カ月遅れる見込みであることが分かった。施工者の親会社であるIHIは、橋桁の溶接工程などを見直すことで挽回するとしている。

高架橋工事で機材落下 熊本市北区、西環状線2015年07月16日

熊本市が整備中の自動車専用道路「熊本西環状線」の同市北区和泉町の高架橋工事現場で15日、建設機材の一部が約20メートル下の斜面に落下する事故があった。市が16日発表した。けが人はなかったが、現場復旧、工事再開のめどは立っていない。 市北部土…

建設現場の労災事故が増加傾向

建設現場での事故防止に向けた対策が講じられているが、労災事故はむしろ増加傾向だという。事故の要因で最も多いのは、「屋根や足場からの転落」で、次が「重機などへの巻き込まれ、重機や用具での切れ」だという。 労災事故の増加は、現場で熟練者が減り経…

土砂崩れ事故:作業員5人死亡の建設会社を書類送検

秋田県由利本荘市で2013年11月、市道工事の作業員5人が死亡した土砂崩れ事故で、本荘労基署は8日、5人が勤務していた同市の「山科建設」と、工事長(56)、副工事長(39)=いずれも当時=の男性2人を労働安全衛生法違反容疑で書類送検した。 …

建設現場労災事故が増加 昨年死傷者数前年比23%増 ベテラン減背景に

県内の建設現場で労災事故が増加している。長崎労働局のまとめでは、昨年の死傷者数は前年比23%増の215人(死者3人)で、過去5年間で最も多い。今年も5月末現在で、死傷者数は前年の同期に比べて9人増え、死者数はすでに昨年1年間より多い4人に…

<橋本店>建物工期・費用縮減ユニット新工法

建設業の橋本店(仙台市)は、各部屋を完成状態に近いユニットとして工場で造り、現場で組み立てる新たな工法での事業展開を始めた。工期やコストを大幅に削減できる。同社は今後の主力工法の一つに位置付け、ビジネスホテルや低層マンションなどでの需要を…

日立建機社長:中国市場「異常」事態と警戒-需要は前年比ほぼ半減

(ブルームバーグ):日立建機 の辻本雄一社長はブルームバーグとのインタビューで中国の建設機械の需要動向について「思ったよりも落ち込みがひどい」との認識を示した。途中で建設工事が止まってしまう事態も出ているといい「今は異常な感じにある」として…

IHI、トルコ・イズミット湾横断橋建設工事事故は「材料に問題」-株主総会で説明

IHIは25日、東京都内で定時株主総会を開き、子会社のIHIインフラシステムが手がける「トルコ・イズミット湾横断橋建設工事」で、3月に発生した主ケーブル架設用足場の落下事故について「材料の一部に問題があった。復旧工事を進めており、設計や施…

ショッピングセンター建設現場でタワークレーン転倒、2人死亡 バンコク

【タイ】18日午後、バンコク都内マカサン地区のショッピングセンター(地上8階)建設現場で、地上数十メートルで作業していたタワークレーンが倒れ、クレーンに乗り操作していたタイ人男性2人が死亡した。 通報を受け、警官が現場に到着したところ、1人…

解体中に外壁崩落 札幌・東区の商業施設 1人心肺停止

17日午前9時35分ごろ、札幌市東区東苗穂7の3の商業施設の解体現場で、外壁が倒れ、作業中だったショベルカーが下敷きになった。札幌市消防局によると、ショベルカーを操作していた60代男性が運転席に閉じ込められ、心肺停止状態という。同日午後1…

作業員2人が橋から転落1人死亡 北海道

4日午前、北海道木古内町の自動車専用道路の橋の工事現場で、作業員2人が20メートル以上の高さから転落するなどして、合わせて4人が病院に運ばれ、警察によりますと、このうち男性1人が死亡し、3人がけがをしたということです。4日午前11時20分ご…

ベロ・モンテ=発電所工事現場で死傷事故=セメント保管庫崩れ3人死亡

パラー州アウタミーラのベロ・モンテ水力発電所建設現場で5月30日未明、セメント保管用の塔(サイロ)が崩れ、3人が死亡、3人がケガをしたと同31日付エスタード紙が報じた。 事故が起きたのは、トラックで運んできたセメントを保管庫に移す作業中で、…

労働災害事故続出で対策会議、原因は安全管理の軽視

労働傷病兵社会省は21日、昨年末から建設現場で相次いで発生している労働災害事故を受けて、対策会議を各関連機関と共に開催した。ハノイ市都市鉄道の工事現場では昨年11月から、鉄骨落下やクレーン倒壊事故などが立て続けに起きている。3月に北中部ハティン…

ハノイ:メトロ工事現場でまたも事故、今度はクレーン倒壊

ハノイ市都市鉄道(メトロ)3号線(ニョン~ハノイ駅区間) の工事現場で、10日の鉄骨梁落下に続きまたしても事故が発生した。 12日16時ごろ、同市カウザイ区カウザイ通りのメトロ3号線ニョン~キムマー区間の高架橋工事現場で、クレーンが倒壊し、向かいの民家…

扇風機付き作業着「空調服」。石の上にも3年で大ヒット

発売当初は売れなくても、後にヒットする商品もある。例えば、扇風機付き作業服「空調服」。「もともと水を蒸発させて冷やす効率の良いクーラーを作ろうとしたんですが、『部屋全体じゃなく、人間だけ涼しければいいのでは?』と考え、服に水のタンクをつけ…

建設現場から人骨 浜松町、江戸時代の地層で発見 東京

8日午前9時半ごろ、港区浜松町のホテル建設工事現場で、人の頭蓋骨などが埋まっているのを男性作業員が発見し、110番通報した。頭蓋骨に目立った損傷はなく、江戸時代とみられる地層から見つかったことから、愛宕署は埋葬された可能性もあるとみて調べ…

崖崩れ再発に不安の声(堀ノ内町2丁目)

堀ノ内町2丁目の住宅建設現場で4月23日、工事中に崖崩れが発生した。けが人はいなかったものの、同所では2010年にも崖崩れが起き、市が指導や是正措置命令を出していた。度重なる事故に周辺住民からは「また起きるのではないか」と不安の声が聞かれる…

北朝鮮、金正恩氏が唱える「速度戦」で建設現場は事故続発

北朝鮮の両江道(リャンガンド)白岩郡(ペガングン)地域に建設中の「白頭山先軍青年発電所」建設現場で、無理な工期から死亡事故が続発しているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。「発電所の建設現場で、落石や石山の発破(爆破)作業中の事故が続出…

上海のビル建設現場でプラットフォームのワイヤーが切れる。作業員4名死傷。

すさまじい勢いで進む中国各地の大型ビル建設。しかし悪名高き“おから工事”が災いし、芳しくないニュースもたびたび報じられている。このたびはビル建設用のプラットフォームから作業員が落下して死傷という事故の話題が上海から飛び込んで来た。上海市の奉…

旧“赤プリ”工事現場で転落 監督者が死亡

東京・千代田区の赤坂プリンスホテル跡地の工事現場で20日夜、作業を監督していた男性が約30メートル下に転落して死亡した。 警視庁によると20日午後7時頃、千代田区の赤坂プリンスホテル跡地の建設工事現場で現場の作業を監督していた高山昭雄さん(…

地下空洞という「地雷」をいつまで放置するのか

ソウル市内の下水管や掘削工事現場など地下の空間について本紙が点検を行ったところ、安全性の問題が極めて深刻ということが分かった。埋設されてから40年以上たった九老区内の下水管のコンクリート壁は老朽化のためセメントが崩れ落ち、砂利がそのまま流出…

福島発 福島第2廃炉の現状 東電「後方支援基地に

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から4年1カ月が過ぎた。福島第1の現状は日々詳細が伝えられるが、福島第2は3月に原子炉内の燃料移送の完了が伝えられたが、今どうなっているのか見えにくい印象がある。県が第1原発とともに「全機廃炉」を求め…

下水道工事現場で生き埋め、建設会社役員が死亡

17日午後2時15分頃、茨城県取手市宮和田の下水道工事現場で土砂が崩れ、下水道管の取り換え作業をしていた同県守谷市百合ヶ丘、建設会社役員高島和彦さん(61)が生き埋めになった。 高島さんは約1時間半後、市消防本部の救急隊員に救出されたが、外…

トルコ初の原発着工 ロシア企業が請け負い 建設現場前で抗議行動も

トルコで初となる原子力発電所の着工式が14日、地中海沿岸の同国南部メルシン県アックユの建設予定地で行われた。ロシア国営原子力企業ロスアトムが建設し、2020年の稼働を目指す。地元メディアが伝えた。 トルコは地震国で、建設に反対する団体が東京…

東京ガス、建築リサイクル法の届出を出し忘れ ガス管の埋設工事299件で

東京ガス(東京都港区)は、建設リサイクル法に基づく届出書の未提出について、その経緯と発生原因、再発防止策などを発表した。 今回の事象は、2015年3月18日に、同社のガス工事施工担当者が発注から着工まで時間を要したガス管埋設工事について、各種手続…

岩盤崩れ下敷き、男性死亡 宮古の復興工事

1日午後7時20分ごろ、震災復興事業として建設中の宮古市千徳の仮称・小山田(こやまだ)トンネル(1100メートル)内で岩盤が崩れ、宮古市津軽石、会社員高谷(たかや)哲也さん(61)が下敷きになった。高谷さんは同市内の病院に運ばれ、同9時2…

無人のトラックにひかれ作業員の男性死亡

3日朝、横浜市青葉区にある住宅の建設工事現場で、作業員の男性がバックしてきた無人のトラックにひかれ、死亡しました。 午前8時半すぎ、青葉区市ヶ尾町の住宅の建設工事現場で、「工事関係者がトラックの下敷きになっている」と通報がありました。 消防…

韓国市民団体が第2ロッテワールド建設中止デモを決行 「これ以上信じられない」

数多くの不祥事と事故が相次ぐ第2ロッテワールド及び第2ロッテタワーに対する建設中止デモが行われた。安全社会市民連帯が数々の不安を煽っている第2ロッテワールドとそのロッテ建設に対して、ついに工事の中断を要求する市民団体デモが行われた。参加したの…

韓国ロッテ、また建設現場で事故 商業施設で安全祈願の直後

【ソウル共同】韓国のロッテ建設が請け負うソウル郊外の道路工事現場で、25日に橋が崩落し作業員1人が死亡する事故が発生、同社社長が現場を訪れ謝罪した。ロッテグループは、昨年事故などが相次いだソウルの高層商業施設「第2ロッテワールド」の建設現…

ハティン省:台湾フォルモサ工事現場で足場崩落、作業員50人が死傷

北中部ハティン省キーアイン郡ブンアン経済区で台湾フォルモサグループが展開する製鉄複合地区案件の一部、ソンズオン深港建設工事現場で25日20時ごろ、足場が崩落する事故が発生した。この事故により、ベトナム人作業員15人が死亡、数十人が負傷した。 事故…

高さ30mの足場が崩壊、13人死亡…ベトナム

【バンコク=児玉浩太郎】ベトナム中部ハティン省ブンアン経済区で25日夜、港湾工事現場の足場が崩壊する事故があった。同省幹部によると、作業員13人が死亡、28人が負傷した。 ベトナム紙タインニエン(電子版)によると、死傷者はいずれもベトナム人…

道路建設現場で崩落事故、作業員1人死亡・8人負傷 /竜仁

25日午後5時22分ごろ、京畿道竜仁市処仁区南四面の道路建設工事現場で、コンクリート打設作業中に上板のスラブが崩壊し、作業員たちが十数メートル下に転落した。この事故で、67歳の男性がコンクリート塊の下敷きになり、意識不明の状態で発見され、病院に搬…

増加する建設業の死亡災害 「高齢化」「未熟練」対策急務

千葉県内で昨年起きた労働中の死亡災害は、千葉労働局の3月12日現在の集計では前年比6件増の54件。建設業が半数近い25件(同8件増)を占め、増加の主要な原因にもなっている。同局健康安全課によると、慢性的な人手不足によって働き手の高齢化が進…

年度末控え安全パト工事現場5カ所回る -建設業労災防止協支部

慌ただしさを増す年度末の労働災害を防ごうと、建設業労働災害防止協会沖縄県支部八重山分会(黒嶋克史会長)は20日午前、建設現場安全パトロールを実施、市内5カ所の工事現場を回り、安全対策を点検した。同分会が定めた3月の「建設業年度末労働災害防止…