読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

晴海大橋、工事用車両が海へ転落 首都高10号線

13日午後2時半ごろ、東京都中央区晴海4丁目の首都高速10号晴海線の晴海大橋上で、作業中の4トンクレーン車が倒れ、工事用の足場をなぎ倒して海に転落した。けが人はいなかった。 警視庁高速隊などによると、クレーン車は遠隔のリモコンで操作されてい…

アパート建設現場で重機横転 男性作業員が下敷きに 東京・中野区

東京・中野区の住宅街で14日、重機が横転し、男性作業員が下敷きになった。事故現場に集まった、大勢の救急隊員。横にある公園の桜の木は折れ、横転した青い重機が見える。午後1時すぎ、東京・中野区の住宅街で、工事用のくい打ち機が突然倒れ、40代の男性作…

博多駅前の道路30m陥没、大量の水流入 地下鉄工事中

8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区のJR博多駅前の市道2カ所が縦約10メートル、横約15メートルにわたって陥没した。穴は徐々に広がり、計5車線の道幅いっぱいの約30メートル四方、深さ約15メートルになった。現場は地下鉄延伸のための工事中…

ショベルカーに轢かれ、19歳作業員が死亡 東京・銀座のホテル建設現場

28日午後3時55分ごろ、東京都中央区銀座の建設工事現場から「作業員がショベルカーの下敷きになった」と119番通報があった。作業中だった千葉県船橋市本郷町、会社員、金津翔太さん(19)が病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。警…

兵庫労働局が西日本高速に緊急要請 新名神高速工事事故多発で

新名神高速道路の建設工事現場で、橋桁の落下や作業員の転落などの事故が相次いでいることを受け、兵庫労働局は13日、工事を発注した西日本高速道路関西支社(大阪府茨木市)に対し、労働災害防止の徹底を求める緊急要請を行った。 この工事をめぐっては、…

瀬戸の病院工事、作業員が転落死

14日午前9時ごろ、愛知県瀬戸市西追分町の公立陶生病院の新東棟建設工事現場で、作業中の同県江南市五明町、建設会社員(37)が4階部分から、約4・5メートル下の3階部分に落下し、顔などを強く打って約1時間半後に死亡した。 瀬戸署によると、仮設…

新名神建設現場でまた事故…作業員が川に転落死

3日午後11時50分ごろ、兵庫県猪名川町広根中突田の新名神高速道路の建設現場で、工事中の高架橋から作業員が転落したと110番があった。作業員は約20メートル下の猪渕川に転落し、搬送先の病院で死亡が確認された。 兵庫県警川西署によると、死亡し…

工務店代表が無資格で玉掛けし書類送検に

滋賀・大津労働基準監督署は、無資格にもかかわらず玉掛け作業を行った梅立工務店(=うめりゅうこうむてん、滋賀県野洲市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で大津地検に書類送検した。平成28年4月、同社労働者が頭部を強打…

建設現場の足場で先行手すりの普及が進む

15年7月の安衛法の改正もあり、建設現場で使用する足場には一層の安全対策が求められた。特に住宅はだけでなく中高層ビルでも広く使われるようになったクサビ緊結式足場には、先行手すりの導入が急速に進んでいる。 信和製のクサビ緊結式足場をネット通販で…

大型くい打ち機転倒 市伊勢病院の建設現場

六月二十四日午前九時ごろ、伊勢市楠部町の市立伊勢総合病院の建設工事現場で、高さ三十六メートル、重さ百三十五トンの大型くい打ち機が倒れ、先端が国道23号側の柵や歩道に当たってコンクリート片などが飛び散った。けが人はなかった。 市新病院建設推進…

箕面・新名神事故、仮支柱の施工計画にミスか

大阪府箕面市の新名神高速道路の建設現場で19日、橋桁の仮支柱(ベント)が倒壊した事故で、橋桁とベントの間に設置された部材の位置が重心からずれていた上、高気温のため橋桁が伸びてバランスが崩れた可能性があることが、工事関係者への取材でわかった…

新名神工事、今度は橋桁支える台倒れる…大阪

19日午前9時55分頃、大阪府箕面市下止々呂美、新名神高速道路の建設現場で、橋桁を支えている「ベント」と呼ばれる鉄製の仮受け台(重さ約15トン、高さ約13メートル)が、箕面有料道路上に倒れた。 府警によると、けが人はない模様。同有料道路は全…

建設工事用のクレーンが倒壊、18人死亡 中国・広東省

中国南部の広東省で、建設工事用のクレーンが倒れ、これまでに18人が死亡した。広東省東莞市の建設現場で13日未明、工事用のクレーンが倒れ、作業員の宿舎を押しつぶした。地元の消防隊が救助活動を行ったが、国営の新華社は、これまでに18人が死亡、4人の重…

化学工場で膀胱がん、新たに1人発症 労災検討会設置へ

発がん性物質を扱う福井県の化学工場で従業員ら5人が膀胱(ぼうこう)がんを発症した問題で、厚生労働省は4日、同じ工場で新たに従業員1人が発症したと発表した。厚労省は原因の特定を急ぐほか、労災認定に向けて専門家の検討会を立ち上げる。 この従業員…

工事現場で土砂崩れ、生き埋めの作業員死亡

2016年2月20日昼前、大分県佐伯市の工事現場で土砂崩れが発生し作業中の男性1人が一時、生き埋めになり搬送先の病院で死亡が確認された。 事故があったのは佐伯市長良の工事現場。警察などによると、20日正午前、高さ約30メートル、幅約15メー…

“春一番”吹き荒れる中 建設中ホテルの足場倒壊

春一番による強風が各地で吹き荒れるなか、東京・大田区では建設中のホテルの足場が崩れました。 14日午前9時すぎ、JR蒲田駅から300メートルほど離れた14階建てのホテルの建設現場で、金属製の足場が強風にあおられて崩れました。足場はブルーシートごとめく…

ホテル建設現場で足場崩れる、強風が原因か

2月14日午前、東京・大田区にあるホテルの建設現場で足場が崩れました。警視庁は強風が原因とみています。 14日午前9時ごろ、大田区蒲田にあるホテルの建設現場で足場が崩れ、隣のマンションの屋上部分に鉄製の棒やビニールシートが覆いかぶさりました…

工事2件で流用 市原市所有施設 【くい打ちデータ改ざん問題】

くい打ち工事のデータ改ざん問題で、市原市は22日、過去10年間に市所有施設で実施された38件のくい打ち工事を独自調査した結果、新たに日本ヒューム(東京都)の関与が発覚し、同社による2件の工事でデータ流用があったと発表した。現地確認などから…

武雄労基署、労災死亡事故で書類送検

武雄労働基準監督署は20日、労働安全衛生法違反の疑いで、鹿島市の建築金物製造業の会社と同社の代表(65)を佐賀地検武雄支部に書類送検した。 書類送検容疑は昨年4月21日、クレーンで移動させていたH型鋼(長さ10メートル、重さ約1トン)が倒れ…

土砂に生き埋め、重機の男性死亡 北海道・苫小牧の砂防ダム工事現場

【苫小牧】7日午後2時ごろ、苫小牧市錦岡の砂防ダムの建設工事現場で土砂崩れが発生し、ショベルカーを運転していた同市新明町4、会社作業員(71)が生き埋めになった。会社作業員は約2時間半後に救出されたが、現場で死亡が確認された。苫小牧署は業…

札幌のマンション工事現場2人死亡 CO中毒か

作業事故:札幌のマンション工事現場2人死亡 CO中毒か - 毎日新聞 13日午後0時10分ごろ、札幌市豊平区福住3の1のマンション新築工事現場で、男性作業員2人が倒れているのを別の作業員が見つけ、119番した。2人は病院に運ばれたが、間もなく死…

施工者の判断ミスで足場倒壊、JR神戸線新駅工事

JR神戸線の新駅の建設現場で、工事用の足場が下り線路に倒れた事故で、JR西日本(西日本旅客鉄道)は推定される事故原因を明らかにした。新駅は、六甲道駅~灘駅間で建設中の摩耶駅(神戸市灘区)。発注者のJR西日本が原因を調査。本来撤去すべきだったメッ…

神戸・新駅事故、2日前に隣の足場を撤去

来春開業予定のJR東海道線の新駅「摩耶駅」(神戸市灘区)で11日、工事用足場が倒れ、同線などが約9時間運休、38万人に影響した事故で、倒壊した足場の隣の足場が事故2日前に撤去されていたことがわかった。足場は8日から順に解体されており、JR…

地下水流れ込み2時間で歩道陥没か 名古屋

7日夜、JR名古屋駅前の歩道が5メートルの深さで陥没した。陥没は地下水が流れ込んでから2時間で起きたとみられることが分かった。 7日午後7時前、JR名古屋駅から400メートルほど離れた場所で歩道が約4メートル四方、5メートルほどの深さまで陥…

歩道陥没、深さ5m…近くで地下通路などの工事

7日午後7時55分頃、名古屋市中村区名駅の市道で、「道路が陥没した」と110番があった。 愛知県警中村署員が駆けつけたところ、道路の歩道が約4メートル四方、深さ5メートルにわたって崩れ、道路標識も崩れ落ちていた。けが人はなかった。 発表によ…

工事現場死亡事故 機械を無資格者に運転させる 福岡東労基署が業者を容疑で書類送検

福岡県古賀市の工事現場で今年1月26日、作業員が建設機械の先端部と鉄製の梁(はり)にはさまれて死亡した事故で、福岡東労基署は3日、無資格の派遣労働者に建設機械を運転させたとして、同市内にある土木工事会社と、現地代理人(42)を労働安全衛生…

旭化成建材データ不正 数十件か 建設業界に広がる不信感

旭化成の子会社の旭化成建材(東京)が、過去約10年間にくい打ち工事を手掛けた3040件のうち、少なくとも数十件にデータを改ざんした疑いがあることが29日分かった。旭化成は同日、北海道釧路市の道営住宅2件と横浜市の公共施設1件に関し、データ…

ホークスベースボールパーク筑後の工事現場で労災事故

福岡県警筑後署が29日夕明らかにしたところによると、同日午前、福岡県筑後市で建設中のホークスベースボールパーク筑後工事現場で、高所作業用ゴンドラで溶接作業をしていた男性作業員1人が、ゴンドラと鉄骨にはさまれ、上半身を負傷。福岡県久留米市内…

旭化成建材の工事問題 2006年のマンション建設ラッシュに専門家が指摘

過去11年間に杭打ち工事を請け負ったのは45都道府県3040件、うちデータ改ざんを認めた現場代理人が関与したのは41件――。横浜市のマンション傾斜問題で、旭化成建材が工事実績の内訳を明かしたが、肝心の施設名は23日になってようやく情報提供を…

工事費88億円 習志野市の新庁舎起工式

習志野市は二十三日、新庁舎建設工事の起工式を行った。地上六階地下一階の新庁舎は二〇一七年四月末完成予定で、同年九月までに一部業務を始める。 旧庁舎の向かい側に建設、工事費は約八十八億四千万円になる。今年四月の市長選で「豪華」批判もあったが、…

積水ハウス、軟弱地盤補強工法「シャークパイル工法」を完成-年2000棟に施工

積水ハウスは、高耐力と低コスト化を実現する軟弱地盤補強工法「シャークパイル工法」を完成した。自社従来工法に比べ、鋼管杭1本当たりの支持力を高めるとともに工事費を2割以上抑えた。成長分野の4階建てや大規模建築にも対応。今月から全面展開し、年…

大林組、屋外鉄骨用の耐火被覆工法「WFガード」が大臣認定取得-スカイツリーで実績

大林組は21日、屋外鉄骨用に耐火被覆工法「WFガード」を開発し、耐火構造の国土交通大臣認定を取得したと発表した。屋外鉄骨用の耐火性被覆工法として国内初の開発で、東京スカイツリー(写真、東京都墨田区)に使用された。鉄骨部材の防錆・防食性能に…

鹿児島市斜面崩落事故から1か月

鹿児島市のマンションの建設現場で斜面の崩落事故が起きてから14日で1か月。事故後、避難していた周辺の住民たちは「被害者の会」を立ち上げ、13日夜、県と地権者に対して本格的な復旧工事を早急に完了させるよう求めていくことなどを決めた。この事故…

建設現場事故 責任巡り避難民らが怒りの声

14日、鹿児島市内のマンション建設現場で、斜面が崩落する事故が起きた。この事故の責任を巡り、住民から怒りの声が上がっている。 14日午前、鹿児島市皷川町のマンション建設現場で、のり面が崩落する事故が起きた。のり面は、高さ20メートル、幅30…

「指示なければ事故に遭っていないはず」…宮大工の遺族、労災認定求め提訴へ-大阪地裁

日当を受け取りながら労働者でなく自営業者と判断され、建築現場の死亡事故で労災補償されなかったのは不当として、死亡した宮大工の男性=当時(44)、京都府長岡京市=の妻(40)が16日にも、労災認定を求める行政訴訟を大阪地裁に起こす。雇用と請…

「エキスポシティ」建設現場で火災 プレハブ4棟焼ける

12日午前1時40分ごろ、大阪府吹田市千里万博公園で、建設会社の2階建てプレハブ事務所付近から出火し、同事務所を含む4棟が焼けた。現場は大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」の建設予定地内で、焼けた事務所などプレハブ5棟が隣接…

ハノイ:メトロ工事現場で5度目の事故、鉄鋼落下も負傷者なし

25日午前10時15分ごろ、ハノイ市都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)のハドン駅建設工事現場で、建設資材の鉄鋼が道路に落下する事故が発生した。同市メトロ工事現場における事故の発生は、今回が5度目となる。 事故現場は、同市ハド…

工事現場71か所で安全衛生法違反

秋田労働局は21日、「建設業重点監督月間」(7月1~31日)に、安全が確保されているか確かめるために立ち入り検査した県内の工事現場128か所204業者のうち、71か所140業者に労働安全衛生法違反があったと発表した。 労働局は、建設工事が増…

名寄労基7月末労災状況、前年同期比5件減

名寄労働基準監督署はこのほど、平成27年の1月~7月における労災発生状況(速報値)をまとめた。それによると4日間以上の休業を伴う労災は66件で、前年同期の71件に比べて5件(7・0%)の減。しかし建設業では2件増えており、予断を許さない状況にあ…

中国広東省中部の東莞(とうかん)市で13日、地下鉄の建設現場で地面が陥没した。

事故は、建設作業が開始される前日に起こった。原因は、建設現場下のカルストの崩壊。現場では13日午前から作業員が前日部分的に崩壊した基礎穴の強化を行っていた。しかし作業員の努力は実らず、建造物の壁は完全に崩壊し、地下にいた作業員1人が閉じ込…

福島第一で工事車両のハッチに頭挟まれ男性死亡

8日午前6時35分頃、福島県の東京電力福島第一原発構内で、50歳代の男性作業員が「工事車両後部の金属製ハッチに頭を挟まれた」と通報があった。 男性は搬送先の病院で死亡した。 双葉署や東電などによると、男性は東電の協力企業の社員。同日早朝から…

東大邱駅前工事現場で崩落事故、作業員12人が負傷=韓国

東大邱(トンデグ)駅複合乗り換えセンターの工事現場で崩壊事故が発生し作業員12人が負傷した。 31日午前10時55分ごろ、大邱市東区新岩洞(シンアムドン)の複合乗り換えセンター新築工事現場地下6階でコンクリート打設をしていたところ、床の一部…

落下つり橋架け替えへ 事故現場下流、浜松

浜松市の鈴木康友市長は29日の記者会見で、天竜川沿いの土砂崩れにより落下したつり橋「原田橋」に代わる橋を、事故現場の約200メートル下流に建設すると発表した。 事故は1月に同市天竜区で発生。土砂がつり橋の支柱を倒して長さ約140メートルの橋…

大林組が空調服の購入補助を開始、熱中症対策に

熱中症対策と、夏場の作業効率を高めるために、大林組は協力会社組織「林友会」に加盟している協力会社に対して「空調服」を割安に購入できる補助を2015年7月から開始した。7月15日時点で400着超の要望があった。同社は社内の希望者向けにも空調服を現場作業…

金沢労基署:クレーン転倒防止を 事故多発で緊急要請 /石川

金沢労働基準監督署は、管内で移動式クレーンの転倒事故が多発しているとして、日本クレーン協会北陸支部(金沢市)など関連5団体に事故防止を徹底する緊急要請をした。北陸新幹線開業に伴う建設ラッシュで、人手不足の業者が無理に工事を進めていることが…

トルコ・イズミット橋事故、足場完成に5カ月の遅れ

トルコで建設中のイズミット湾横断橋で今年3月、空中足場(キャットウオーク)が落下した事故によって、足場の完成が約5カ月遅れる見込みであることが分かった。施工者の親会社であるIHIは、橋桁の溶接工程などを見直すことで挽回するとしている。

高架橋工事で機材落下 熊本市北区、西環状線2015年07月16日

熊本市が整備中の自動車専用道路「熊本西環状線」の同市北区和泉町の高架橋工事現場で15日、建設機材の一部が約20メートル下の斜面に落下する事故があった。市が16日発表した。けが人はなかったが、現場復旧、工事再開のめどは立っていない。 市北部土…

建設現場の労災事故が増加傾向

建設現場での事故防止に向けた対策が講じられているが、労災事故はむしろ増加傾向だという。事故の要因で最も多いのは、「屋根や足場からの転落」で、次が「重機などへの巻き込まれ、重機や用具での切れ」だという。 労災事故の増加は、現場で熟練者が減り経…

土砂崩れ事故:作業員5人死亡の建設会社を書類送検

秋田県由利本荘市で2013年11月、市道工事の作業員5人が死亡した土砂崩れ事故で、本荘労基署は8日、5人が勤務していた同市の「山科建設」と、工事長(56)、副工事長(39)=いずれも当時=の男性2人を労働安全衛生法違反容疑で書類送検した。 …

建設現場労災事故が増加 昨年死傷者数前年比23%増 ベテラン減背景に

県内の建設現場で労災事故が増加している。長崎労働局のまとめでは、昨年の死傷者数は前年比23%増の215人(死者3人)で、過去5年間で最も多い。今年も5月末現在で、死傷者数は前年の同期に比べて9人増え、死者数はすでに昨年1年間より多い4人に…