建設現場事故ニュース

建設現場で起きた大小の事故ニュースをまとめています

渋谷駅再開発 工事現場で鉄骨倒れる けが人なし

18日夕方、東京・渋谷駅の再開発事業の工事現場で鉄骨が倒れ、歩道との間を区切るフェンスの上に寄りかかる形で止まりました。現場は駅の東口で、人通りが非常に多いところですが、警視庁によりますと、これまでにけが人の情報はないということです。
警視庁によりますと、18日午後4時45分ごろ、東京・渋谷駅の再開発事業の工事現場で、鉄骨が倒れました。さらに倒れた鉄骨の付近から、縦2メートル、横1メートルほどの鉄板が歩道に落ちました。

鉄骨は工事現場と歩道を区切るフェンスの上に倒れかかる形で止まり、一部が歩道の上に突き出ているほか、フェンスは鉄骨の重みで歩道側に大きく曲がっています。

現場は渋谷駅東口のバスターミナルの近くで、ふだんから人通りが非常に多いところですが、警視庁によりますと、これまでにけが人の情報はないということです。

目撃者によりますと、事故当時、歩道を歩いていたのは3人程度だったということです。
現場の近くにいたバス会社の誘導員の男性は「ドカンという大きな音がして鉄骨が倒れているのを見た。事故の直前、金属を切断するような音が聞こえていました」と話していました。

現場では、足場の解体作業中だったということで、警視庁は当時の状況や鉄骨が倒れた原因などを詳しく調べています。
複数の高層ビルが建設予定
国内有数のターミナル駅の渋谷駅周辺では、大規模な再開発が進められています。
東急電鉄のホームページによりますと、渋谷駅周辺では7つの再開発事業が進められることになっていて、2027年までに200メートルを超えるビルなど、複数の高層ビルが新たに建設される予定です。
再開発と同時に駅前や地下の広場、出入り口の改良工事も進められています。

渋谷駅再開発 工事現場で鉄骨倒れる けが人なし | NHKニュース

重機がつった鉄板落下、男性死亡…新名神工事

 19日午後0時40分頃、大阪府箕面市下止々呂美の新名神高速道路の建設工事現場付近で「重機がつっていた鉄板が作業員の上に落ちた」と119番があった。
 箕面署によると、下敷きになった男性は病院へ搬送中に死亡が確認された。
 近くでは昨年5月にも新名神の建設工事現場で橋桁を支える鉄製の仮受け台が箕面有料道路上に倒れる事故が起きている。

重機がつった鉄板落下、男性死亡…新名神工事 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

マンション工事現場 足場50枚が落下 女性けが 大分

2日、大分市中心部のマンションの工事現場で、13階部分に設置されたクレーンで運んでいた金属製の足場およそ50枚が落下し、女性1人がけがをしました。
2日正午ごろ、大分市城崎町のマンションの工事現場で、13階部分に設置されたクレーンを使って資材を地上に降ろす作業中、金属製の足場およそ50枚が落下しました。

足場は工事現場の敷地内に落ち、この事故で、弁当の配達に来ていた大分市の63歳の女性が頭などにけがをしました。警察によりますと、命に別状はないということです。

また敷地内に駐車していた車3台のガラスが割れるなどの被害が出ました。警察によりますと、落下した足場は、長さおよそ2メートル、幅およそ45センチで1枚の重さは3キロから4キロあるということです。

敷地内で作業をしていたという男性は、「後ろでものすごく大きな音がして振り返ったら車にフェンスのようなものが直撃していて、女性が血を流していた。とてもびっくりした」と話していました。

現場はJR大分駅から1キロ余りの大分県庁に近い中心部です。警察は現場にいた作業員に話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

マンション工事現場 足場50枚が落下 女性けが 大分 | NHKニュース

<暴風被害>足場倒壊、倒木…被害相次ぐ

宮城県内は19日、全域に暴風警報が発令される荒れ模様となった。倒木やトタン屋根がはがれるなどの被害が相次ぎ、男女6人が転倒して軽いけがをした。
 仙台管区気象台によると、午後1時45分ごろ、仙台で最大瞬間風速30.4メートルを観測。白石でも同4時前、30.3メートルの猛烈な風が吹いた。
 県警などによると、午後0時半ごろ、仙台市泉区高玉町の大型店舗解体工事現場で、防音壁と足場が約100メートルにわたって倒壊した。けが人はなかった。
 午後1時20分ごろには、宮城野区鶴ケ谷2丁目の鶴ケ谷ショッピングセンターアバイン東側に立つ高さ約15メートルのヒマラヤスギ(幹回り約1.8メートル)が交差点に倒れ込み、信号機1基をなぎ倒した。片側2車線をふさぎ、撤去作業のため約3時間、通行が規制された。
 近くで文房具店を営む男性は「朝から強風で木が根元から揺れていた。倒れたのが下校時間帯に重ならず、けが人が出なくてよかった」と話した。
 市消防局によると午後9時現在、強風の影響とみられる通報は計66件あり、30~80代の男女計6人が転倒するなどして頭や足などに軽傷を負った。
 交通機関でもダイヤに乱れが出た。空の便は仙台空港の4便が欠航した。JR仙台支社によると、東北、仙山、常磐、陸羽東の4線で計127本が運休。44本が最大5時間36分遅れ、約5万6100人に影響した。20日は始発から通常通り運行する予定。
 東北電力宮城支店によると、仙台市太白区栗原市角田市宮城県蔵王町で延べ1883戸が配電線の断線などで一時停電し、午後8時までに全て復旧した。
 県教委は公立高校15校の終業時刻を繰り上げ、定時制2校を臨時休校にした。

<暴風被害>足場倒壊、倒木…被害相次ぐ | 河北新報オンラインニュース

足場繁売.comなら、荷揚げバッグ(耐荷重80kg)の各種サイズサイズを格安販売。詳しくは、足場繁売.comへ

f:id:ashibajiko:20170317095528p:plain

晴海大橋、工事用車両が海へ転落 首都高10号線

 13日午後2時半ごろ、東京都中央区晴海4丁目の首都高速10号晴海線の晴海大橋上で、作業中の4トンクレーン車が倒れ、工事用の足場をなぎ倒して海に転落した。けが人はいなかった。

 警視庁高速隊などによると、クレーン車は遠隔のリモコンで操作されていて、車内は無人だった。高速隊は、クレーン車が荷物をつり上げている最中にバランスを崩し、転倒したとみて調べている。現場は延伸工事のため、一般車両は通行止めになっていた。

晴海大橋、工事用車両が海へ転落 首都高10号線:朝日新聞デジタル

建設現場で単管パイプや足場材、クランプ等の荷揚げを助ける「荷揚げバッグ」を6500円~販売。耐荷重80kgの頑丈設計で、ホイストを使えば荷揚げも楽々。くわしくは足場繁売.comへ詳しくは、足場繁売.comへ

アパート建設現場で重機横転 男性作業員が下敷きに 東京・中野区

東京・中野区の住宅街で14日、重機が横転し、男性作業員が下敷きになった。
事故現場に集まった、大勢の救急隊員。
横にある公園の桜の木は折れ、横転した青い重機が見える。
午後1時すぎ、東京・中野区の住宅街で、工事用のくい打ち機が突然倒れ、40代の男性作業員が下敷きになった。
近所の人は、「ドーンという感じ。地震が起きたような」と話した。
住宅街で、突然起きた事故。
現場までの道は狭く、救急車両は、遠くに待機していた。
作業員は、重さ9トンもあるという重機に左足を挟まれた。
救急隊員が手首を握ると、握り返す様子が見てとれた。
そして、およそ1時間後、作業員は、救助された。
事故は、なぜ起きたのか。
事故が起きたのは、アパートの建設現場。
14日は、くい打ち作業が行われる予定だったという。
中野区役所の担当者は、「『キャタピラ』は、本来こうしていないといけないが、ちょっと柔らかいところに入って、斜めに入って、そっちに倒れてきた」と話した。
また、工事関係者は、「予想外の土の感じ。いきなり陥没した感じ。『なんだ、なんだ』と言ったら、この状態」、「重機にコックピット自体はなくて、立って操作する特殊なマシン。『キャタピラ』を動かすのも、ここで動かす。こうやって動かしながら、機械も歩いてくる。(それが倒れた側にあった?)そうです。左側、そこに乗った感じ。一瞬の出来事だったと思う」などと話した。
救出された作業員は、命に別条はなく、警視庁が、事故のくわしい原因を調べている。

www.fnn-news.com

博多駅前の道路30m陥没、大量の水流入 地下鉄工事中

 8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区のJR博多駅前の市道2カ所が縦約10メートル、横約15メートルにわたって陥没した。穴は徐々に広がり、計5車線の道幅いっぱいの約30メートル四方、深さ約15メートルになった。現場は地下鉄延伸のための工事中。穴には水が激しく流れ込んでいて穴がさらに広がる可能性がある。市は、周辺のビル10棟に避難勧告を出した。市は掘削が陥没の原因となったことを認め、謝罪した。

 付近では一時、ガス漏れもあり、警察が一帯を通行止めにし、火を使わないよう呼びかけた。最大で周辺の800戸が停電した。博多駅前3丁目のビルでは、70代女性が階段を踏み外して転落し、けがをした。

 福岡市交通局によると、現場は市営地下鉄七隈(ななくま)線延伸工事の「博多駅(仮称)工区」部分のトンネル掘削中で、深さ約25メートルの地中を掘り進めていた。午前5時ごろ、現場に地下水が流れ込んできたため作業を中断。約10分後に道路上を交通規制して点検をしていたところ、路面の崩落が始まったという。

 事前のボーリング調査で、現場付近は地下3~5メートルより深い位置に地下水が流れているとわかっていた。これまでも掘削工事中にわずかに水がしみ出していたが想定内の量で、ポンプで排水していたという。交通局幹部は「万全の措置をとってきたが、一番恐れる陥没の事故が起きた。深く反省している」と説明した。陥没で崩壊した下水管から正午現在、水が流れ込んでいる。

 九州電力によると、崩落と同時刻に博多駅周辺の約800戸で停電が発生。現場から約2・5キロ離れた福岡空港国際線ターミナルも停電し、自家発電に切り替え、その後、仮復旧した。陥没現場付近に地下埋設ケーブルがあるが、付近の立ち入りは規制されており、損傷しているかどうかの確認はできていない。停電は正午には、大型ビル向けなどの特別高圧の14戸に減った。

 JRの新幹線博多駅の構内や駅ビルなどでも停電が発生。駅ビルを運営するJR博多シティは午後1時現在、停電に伴い「アミュエスト」「博多デイトス」「JRJP博多ビル」の開店時間は未定としている。在来線と新幹線、地下鉄空港線は通常運行している。飛行機の運航への影響もないという。

博多駅前の道路30m陥没、大量の水流入 地下鉄工事中:朝日新聞デジタル